新着おすすめiPhone記事

新着おすすめ記事

2016.1.19 02:00

 NTTドコモは2月1日から、米アップルの「iPhone(アイフォーン)6s」を1万円程度値上げする。2年契約の際、端末代金の割賦支払い分とほぼ同額を通信料金から差し引き、本体価格を「実質0円」とする販売方式を改める。
携帯電話大手3社は月内に「実質0円販売」の是正策を総務省に報告する予定で、KDDIとソフトバンクも追随する見通しだ。

 ドコモでは現在、メモリー16ギガ(ギガは10億)バイトのアイフォーン6sの場合、毎月の通信料金から約3500円割り引く「月々サポート」により本体価格を実質0円としている。
これが2月以降は1万円程度となる。アイフォーン上位機種も、現在の本体価格から1万円前後値上げとなるほか、他社の最新機種も実質0円での販売をやめる。

 ただ、1契約当たり2万~4万円程度をドコモが販売店に支払う「販売奨励金」は基本的に継続する。型落ちの旧モデルは在庫処分のため値引き販売が必要となり、旧型端末の一部では実質0円での販売も残る見通しだ。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/economy/news/160119/ecn1601190004-n1.html

続きを読む

http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinoharashuji/20160104-00053097/

2016年2月に発売予定と噂されている『iPhone 6c』は、iPod touchに似たカラーラインアップになると海外ニュースサイト『9to5Mac』が報じています。

また、同サイトではそれにあわせて詳細なモックアップも掲載しています。

iPhone 6c 2016 - Mockups detail rumored 4-inch display, curved edges, new colors | 9to5Mac

4インチサイズの小さなiPhone
iPhone 6cは『iPhone 5s』まで使われていた4インチサイズの液晶が採用されており、2013年9月20日に発売された『iPhone 5c』の後継機種にあたります。

スペックについては様々な噂が流れていますが、おおむね次の通りです。
A9プロセッサ
ストレージは16GBから
2GB RAM
バッテリーは1,642mAh
NFCチップ搭載
3D Touch非サポート
価格は450ドル

まさにiPhone 5cの後継と言えるスペックになっています。

小さなスマホが欲しい人に
iPhoneは6からその液晶サイズを4インチから4.7インチに、Plusでは5.5インチまで拡大しました。「スマホの大画面化」は業界の流れではあるものの、手の小さい人にとっては持ちづらく、
10万円ちかくするスマホを落として破損させてしまう危険も大きくなるものです。

iPhone 6cはスペックでは最新機種に劣るものの、あまりスマホを買い換えず、かつこれまで通りのiPhoneを使いたい人にとっては良い商品であると思われます。

総務省の要請により今年から端末価格は上昇するとみられていますし、本体価格の安いiPhone 6cは人気のスマホとなるかもしれません。

続きを読む

http://iphone-mania.jp/news-96857/

Appleは、2015年9月にiPhone6s/6s Plusを発売しましたが、『日本経済新聞』は本日、Appleが今年の1-3月期のiPhone6s/6s Plus生産量について、当初計画から3割程度減産するようだと伝えています。

4-6月期には元の生産量に戻す方針か
『日本経済新聞』は具体的な数値を明らかにしていないものの、iPhone6s/6s Plusの販売が不調であることを伝えており、原因としてユーザーから機能向上が乏しいと受けとられてしまった点と、為替変動による新興国での価格上昇を挙げています。

iPhone6s/6s Plusについては、発売直後こそ中国を中心に記録的なヒットを出しました。しかし、その後目立った販売成果が報道されなかった点から、販売の調子が芳しくないことは予想されましたが、3割減産とは驚きですね。

マイナーアップデートということで仕方ない点もありますが、搭載された目玉機能が「3D Touch」等ということで、目立ちにくい部分であったことも影響しているように思います。
なお、在庫量が調整されるであろう4?6月期には当初生産量に戻す方針であることもあわせて伝えられています。

続きを読む

ドコモのiPhone5sを使用している人に朗報だ。ケータイ補償サービスを利用し、iPhone5sの交換修理を依頼すると、いまだけiPhone6を交換電話機として受け取れるのだ。

これはドコモのキャンペーンではないし、特価セールでもない。単にドコモにiPhone5sの在庫がないためである。

・在庫切れのためiPhone6に
記者のiPhone5s(64GB)が水没してしまい、スピーカーから音が出たり出なかったりする状況に陥ってしまったため、インターネット上からケータイ補償サービスを利用し、交換修理を依頼。

すると、本来ならばiPhone5sはiPhone5sとしか交換修理できないはずが、在庫切れのため、iPhone6から好きな色を選択するよう、指示されたのである。

・ドコモからのコメント
「大変申し訳ございませんが、お客様のご登録電話機と同機種・同カラーの在庫がございません。下記のリストかの中から交換電話機をお選びください」

・登録から2日後くらいにiPhone6が届く
ケータイ補償サービスに加入しているので、7500円(税込8100円)で交換することができた。登録から2日後くらいにiPhone6が届く予定である。その後、故障したiPhone5sをドコモに送ればよい。

・注意点
1. ケータイ補償サービスに加入していないと超割高になるので無意味
2. 今回はiPhone5s(64GB)でしか試していないので16GBや32GBはiPhone6にならない可能性がある
3. いくらiPhone6が欲しくてもiPhone5sが壊れていないと申し込むことはできない
4. 値段は故障した機種によって変化する(記者の場合は税込8100円)

・利点
1. 故障したiPhone5sを交換修理できる
2. 8100円でiPhone6が手に入る
3. 契約プランに縛られない機種変更が実質可能

・ワンランク上の機種を格安でゲット
もちろん、これは正規の交換修理であり、iPhone5sがiPhone6になったからといって、契約プランによる「期間シバリ」が発生することはない。

http://buzz-plus.com/article/2015/12/05/iphone5s-iphone6/
no title

no title

no title

no title

続きを読む

スマホ撮影のクオリティを劇的に上げる「Excelvan スマホカメラレンズキット」

http://www.oshiete-kun.net/archives/2015/11/excelvan.html
no title


スマホのカメラの性能は劇的に向上し、今やコンデジとほぼ変わらないと言われているが、
それでもスマホがカメラに劣るのはレンズ性能。そこでスマホに取り付けるレンズが登場している。
「Excelvan スマホカメラレンズキット」は望遠、魚眼、マクロレンズを備えた製品だ。

「Excelvan スマホカメラレンズキット」は、スマホ撮影用のレンズがセットになったキットだ。
望遠レンズ、魚眼レンズ、マクロレンズとそれぞれ特徴を備えたレンズを備えており、
遠景から近景までこれ1つで対応できる。また対応機器の豊富さも魅力で、クリップ式でレンズを固定する
方式のため、iPhoneシリーズからAndroid機まで、多くのモデルに対応している。

サイズもコンパクトなので携帯するのにも便利だぞ。

スマホは撮影性能自体はコンデジとほぼ変わらないため、レンズを利用するだけで、
スマホとは思えないクオリティの写真が撮れるようになる。
最低限のコストで最大の効果を上げられるので、写真にこだわりがあるならぜひ試してみよう。


iPhoneで撮った写真
no title

no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ