新着おすすめiPhone記事

新着おすすめ記事

2015年11月30日 23時08分
iPhoneの修理時に写真や連絡先データが消えてしまったロンドン在住の68歳の男性が、「私の人生を消された」とAppleを訴えました。iPhoneには15年分の写真と連絡先が入っていたそうです。

iPhoneのデータが消失!「私の人生が消された」とAppleを訴える

Appleを訴えたのは、元広告業勤務で現在は年金生活者のデリック・ホワイトさんで、所有するiPhone5に不具合が出てロンドン市内のApple Storeで修理を受けた際、15年ぶんの写真と連絡先のデータが消えてしまったそうです。

ホワイトさんは「私の人生はこの携帯電話に保存されていた」「新婚旅行先のセイチェルで撮った、巨大なカメが私の手をかじっている動画も消えてしまった」
「消えてしまったものを知って、私も妻も泣き崩れた」と損失の大きさを主張、Apple に対し5,000ポンド(約93万円)の支払いを求める訴えをロンドンの裁判所に起こしました。

Appleは真っ向から争う構え

「Apple Storeの店員は、私がすべてをバックアップしたかと聞くと、すぐに端末をいじくりだした」と語るホワイトさんについて、Appleは「原告の具体的な被害内容が立証されていない」と主張し、真っ向から争う構えです。

ホワイトさんは、裁判に勝ったら、もう一度新婚旅行に行きたいそうです。

iPhoneなら簡単なバックアップと復元も高齢者には厳しいかも

iPhoneの魅力のひとつは、マニュアルを読まなくても誰でも直感的に操作できることにあります。
また、パソコンのほかiCloudに簡単にバックアップができ、万が一端末に故障や紛失のアクシデントがあっても、容易に復元することができます。

しかし、最近の機械に疎い高齢のユーザーにとって、バックアップを取るのは容易ではないでしょう。

「私の人生が消えてしまった」と語る、ホワイトさんの言葉には、すべての情報がスマホに集約されている現代ならではの切実さが感じられるとともに、
他人事ではないと思わされます。高齢のiPhoneユーザーが身近にいる方は、年末年始の帰省時にでも、バックアップを手伝ってあげてもいいかもしれません。


Source:The Sun
(hato)

--http://iphone-mania.jp/news-93919/

続きを読む

今から17ヶ月前に筆者はこう予言した――「いずれiPhoneからイヤホン端子が無くなるだろう」。
アップルがサードパーティー向け認証プログラム MFi (Made for iPhone)を更新しiOS端末のライトニング端子に接続するヘッドフォンが登場するというニュースが流れた時にそう思った。今後、数年のうちにアップル製品に接続するヘッドフォンは従来のピンジャックではなく、ライトニング接続のものに置き換わるだろう、と。

しかし、その変化は筆者の想像以上に早くやってきそうだ。
ニュースサイト9to5Macが報じたところによると、次期iPhone 7でアップルはヘッドフォン端子を廃止するという。これにより、次期モデルはiPhone 6Sよりも1ミリ以上薄くなり、史上最も薄いiPhoneになる。

次期モデルに付属する純正イヤホンEarPodsはライトニング端子を用いて接続され、内部に極小のデジタル-アナログ変換コンバータが内蔵される。このことは、今後、ヘッドフォンメーカーらは従来のピンジャックに加え、ライトニングアダプターを同梱して発売する、もしくは、MFi 認証を取得し、ライトニング接続限定のヘッドフォンを発売する必要に迫られると推測できる。

続き Yahoo!ニュース/Forbes JAPAN 11月30日(月)10時51分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151130-00010000-forbes-sci

続きを読む

iPhone、Apple Watchで脳梗塞を早期発見 国内初の臨床研究、慶大が開始 (ITmedia ニュース) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000078-zdn_n-sci
国内初 iPhoneアプリを用いた臨床研究を開始 -身近になったヘルスケアデータの有効活用-:[慶應義塾]
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000018hdj.html
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2015/osa3qr0000018hdj-att/151125_1.pdf

慶應義塾大学医学部の研究チームは11月25日、iPhoneやApple Watchのセンサーを活用した臨床研究を国内で初めて開始したと発表した。専用アプリを通じて心拍数や運動能力などを測定し、不整脈・脳梗塞の早期発見につなげるという。iPhoneユーザーであれば、誰でも匿名で参加できる。

iPhoneユーザーから研究データを集めるソフトウェアフレームワーク「ResearchKit」を使用し、無料アプリ「Heart & Brain」を開発した。iPhoneやApple Watchが内蔵する加速度やジャイロスコープなどのセンサーデータを収集・解析し、心拍数や歩数、運動量などのヘルスケアデータを収集する。両腕の筋肉、小脳の動きといった「運動評価テスト」、これまでの病気や内服薬に関するアンケートなどと合わせ、不整脈・脳梗塞の早期発見に役立てるという。

データを提出後、収集されたデータを閲覧する機能や、動悸を感じた時間や場所を記録できるオプションも搭載。「iPhoneとその付属のウェアラブル機器が健康診断的役割の早期検出ツールとなれば、取り返しのつかない脳梗塞を予防でき、国民の生活の質を守ることにつながると考えられる」――と研究の目的を掲げる。

成人のiPhoneユーザーを対象に、誰でも匿名・無料で実験に参加できる。被験者が病院や研究所に出向く必要がない大規模な臨床研究になるとして、「ビッグデータの構築と健康社会を目指す」としている。

続きを読む

http://www.xinhuaxia.jp/social/37558

英国メディアの10日付の報道によると、エドワード・スノーデン元NSA(米国国家安全保障局)職員は「iPhoneの電源を切っても、NSAの職員がマイクを通じて盗聴することができる」と示した。スノーデン氏が暴露した情報は専門家に実証された。

スノーデン氏によると、米国家安全保障局と英国政府通信本部(GCHQ)が共同で新技術を開発してきた。この技術で利用者が何も知らない情況の下、電源を切っても、マイクを通じて関係情報を盗聴することができるという。

米国ロサンゼルスのハードウェアエンジニアのマイク・ターナー氏が「ある技術を利用すれば、iPhoneをあたかも電源が切れているかのように見せかけ、実際は省電力モードの状態にすることで、ユーザーが知らず知らずのうちに盗聴・監視されているという状態を作り出すことができる。そのような状態の時にiPhoneのディスプレイ表示は当然オフ表示になっており、ボタンも反応しないため、ユーザーにとってはなかなかその盗聴・監視モードに入っていることに気付かない」と語った。

セキュリティの専門家で顧問のグレアム氏によると、NSAはこの技術をアプリをインストールする形でiPhoneに埋め込むことができる。このような技術はインターネットまたは携帯電話を通じて活用されることができるという。

続きを読む

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25I3A_V21C15A1MM8000/

 米アップルがスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の表示装置として有機ELパネルを採用する。
部品メーカーなど複数の取引先に伝えた。従来の液晶パネルに加え、鮮明な画像と省電力が特長の
有機ELを搭載する製品を3年後に発売する計画。
供給元の1社となる韓国LGディスプレーは増産投資に乗り出す。
スマホの技術をけん引するアップルが有機ELを採用することでパネル産業の世界市場は勢力図が変化し…

続きを読む

↑このページのトップヘ