http://ascii.jp/elem/000/001/105/1105939/?rss

みなさん、こんばんは。ASCII編集部の吉田ヒロでございます。国内外のApple噂系サイトで1月10日から1月16日までに出回った内容をまとめました。先週の噂で注目なのは、なんといってもiPhone 5eですね

iPhone 6cやiPhone 7cなどと噂されていた4インチの新型iPhoneの名称は、どうやらiPhone 5eになるようです。「e」は、「enhancement」の「e」で、拡張や強化の意味するネーミングのようです。

CPUがApple A8とiPhone 6シリーズと同じ1世代前のチップなので、iPhone 6eとはできなかったと思いますが、5eとなると型落ち感が出てしまいますね。スペック的には、CPUを除くとまさにiPhone 5sの強化版なのですが、VoLTEやApple Payへの対応を果たしていることを考えると、これは中華圏向けのモデルのような気がします。

中国では2014年から2015年にかけてiPhone 6シリーズが爆売れしたことが各メディアで報じられてきましたが、シャオミなどの中国メーカーのスマホも中国国内でガンガン売れています。Appleとしては、高価なiPhone 6/6sシリーズよりも若干でもリーズナブルなiPhoneを出すことで、中華圏でのさらなる販売台数アップを狙っているのではないでしょうか。

Apple Payは中国はもちろん日本でもおなじみとなりつつある銀聯(Union Pay)カードをサポートしていることを踏まえると、AppleはiPhone 5eを起爆剤に中華圏でのモバイル決済でシェアと取ろうしている……。というのは考えすぎでしょうか。

1/11 「e」は拡張の意味?4インチiPhoneの名称はiPhone 5eにTencentによると、噂されている4インチiPhoneの名称はiPhone 5eになるとのこと。「e」は「enhancement」の頭文字で、強化や拡張を意味するそうです。本体のデザインはiPhone 5sを踏襲しつつ、サイズは少しだけ小さくなり、重さも少しだけ軽くなるようですが、体感上はほとんど違いがわからないレベルのようです。

CPUはApple A8、メモリーは1GB、前面(iSight)カメラは800万画素、内蔵ストレージは16/64GB、カラバリはシルバー/スペースグレイ/ゴールドというスペックのようです。5sからの進化としては、CPUがApple A7からA8に強化されたほか、NFCを利用したモバイル決済システムであるApple Pay、LTE通信での音声通話が可能になるVoLTEなどをサポートしているところ。すでに量産が始まっているそうで、2~3月に発売される可能性が高いそうです。価格は5万9000円前後(3288人民元)なので特別安くはないのと、CPUが最新のApple A9じゃないのがちょっと不満ですが、4インチの小型iPhoneを待ち望んでいた人には朗報ですね。

続きを読む