新着おすすめiPhone記事

新着おすすめ記事

カテゴリ: iPhone 6s

2016.1.19 02:00

 NTTドコモは2月1日から、米アップルの「iPhone(アイフォーン)6s」を1万円程度値上げする。2年契約の際、端末代金の割賦支払い分とほぼ同額を通信料金から差し引き、本体価格を「実質0円」とする販売方式を改める。
携帯電話大手3社は月内に「実質0円販売」の是正策を総務省に報告する予定で、KDDIとソフトバンクも追随する見通しだ。

 ドコモでは現在、メモリー16ギガ(ギガは10億)バイトのアイフォーン6sの場合、毎月の通信料金から約3500円割り引く「月々サポート」により本体価格を実質0円としている。
これが2月以降は1万円程度となる。アイフォーン上位機種も、現在の本体価格から1万円前後値上げとなるほか、他社の最新機種も実質0円での販売をやめる。

 ただ、1契約当たり2万~4万円程度をドコモが販売店に支払う「販売奨励金」は基本的に継続する。型落ちの旧モデルは在庫処分のため値引き販売が必要となり、旧型端末の一部では実質0円での販売も残る見通しだ。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:産経ニュース http://www.sankei.com/economy/news/160119/ecn1601190004-n1.html

続きを読む

http://iphone-mania.jp/news-96857/

Appleは、2015年9月にiPhone6s/6s Plusを発売しましたが、『日本経済新聞』は本日、Appleが今年の1-3月期のiPhone6s/6s Plus生産量について、当初計画から3割程度減産するようだと伝えています。

4-6月期には元の生産量に戻す方針か
『日本経済新聞』は具体的な数値を明らかにしていないものの、iPhone6s/6s Plusの販売が不調であることを伝えており、原因としてユーザーから機能向上が乏しいと受けとられてしまった点と、為替変動による新興国での価格上昇を挙げています。

iPhone6s/6s Plusについては、発売直後こそ中国を中心に記録的なヒットを出しました。しかし、その後目立った販売成果が報道されなかった点から、販売の調子が芳しくないことは予想されましたが、3割減産とは驚きですね。

マイナーアップデートということで仕方ない点もありますが、搭載された目玉機能が「3D Touch」等ということで、目立ちにくい部分であったことも影響しているように思います。
なお、在庫量が調整されるであろう4?6月期には当初生産量に戻す方針であることもあわせて伝えられています。

続きを読む

1: iOS 2015/09/17(木) 20:19:43.08 ID:MzGswF2O.net
docomoから乗り換えたいんだけど、iPhone6で安く買うのとiphone6s頑張るの、どっちがいいんだろう?
auかSOFTBANKかでのりかえ先も決めてないです。

店員さん曰く機能に大差ないから安くすむiphone6のがオススメとのことなんだけど…

重視点は
・電池もち
・写真のきれいさ
・丈夫さ

です。月2000円盛ってでもsを待つべきか決めかねてます。
他にふさわしい相談場所があれば誘導していただきたいです。

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 16:15:55.11 ID:Qf+HoBWZp.net
持たなすぎやろアホちゃうか

続きを読む

↑このページのトップヘ